自作プランクトンネット

池の水をすくってきてプランクトンを探したいと考え、プランクトンネットを
自作しました。

茶こしとうすいストッキング、それに円筒形のプラスチックボトルが必要です。

以前、このブログでも紹介していますが、その時はフィルムケースを使って
いました。

近頃はこのフィルムケースが入手できにくくなっていますので、その代わりに
市販のプラボトルを使いました。


size40retouchIMG_2266.jpg


ストッキングに穴をあけ、そこをマニキュアで固めてほつれを防ぎます。
写真の赤くなっているところです。


プラボトルのふたの上面の大半をカッターで丸く切り取ってネジ部分だけにし、
先を切り取ったストッキングをからめてねじ込みます。


このプランクトンネットの口から水を何度か手桶でくんで注ぎます。

水はストッキングから外にあふれますがプランクトンはボトルに溜まるという
仕掛けです。


ほどよくプランクトンがたまったであろうというころにネジをはずし、本来の
穴のあいていないふたをはめて持ち帰ります。


なかなか使い勝手のいいのができました。

さっそくハス田に出掛けて試してみるとといい感じです。


ハス田にはミジンコがたくさんいましたが、これは茶こしの中にたまりますので、
プランクトンは下のボトルに、ミジンコは茶こしの部分にたまり、一石二鳥です。


プランクトンを一年間にわたって調べようという小6の女子も同じ物を
作って持ち帰っています。

どんな成果が現れるか、楽しみです。




にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR