西部湾灘協議会の準備会議

大きな会議に出ると、主催者側は説明資料に力を入れてくれて
いますので、おもしろい資料に遭遇することがよくあります。

今回は、わたしのまったくの無知の分野である漁獲量でした。

「水産資源の持続的な利用の確保」ということで、出された資料をみますと、
漁獲量は、昭和63年をピークに、確実に減少しているのがわかります。

すでに国が公にしている数字ですので、そのままグラフをここに掲載しても問題
ないとおもいますので、コピーして載せておきます。


retouchIMG.png


海面漁獲量の推移を現したこのグラフを見ると、昭和63年が38000トン強でピークとなり、
その後多少増減はあるものの、平成25年では、19000トンほどに減っています。

つまり、この25年ほどの間に、海面漁獲量はほぼ半減しているのです。

黒いグラフは、そのうちイワシ類を除いた漁獲量で、これは昭和47年をピークに
着実に減少しています。


私を含め、おそらく多くの方々はこんなことなどまったく知らないまま、毎日魚を
食べているわけですね。

もちろん、魚そのものが減っていることもありましょうが、漁業者の減少も
このことに無関係ではないはず。


いずれも大きな問題であり、ある意味、わたしはショックを受けたのでした。

これほどまでに深刻なのか、と。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR