88歳翁、顕微鏡写真の深度合成をマスター

再三、このブログでは登場しているMM氏。

ちょくちょくおいでになったり、こちらが出向いたりと、交流させて
いただいています。

なにしろ、植物のことはたいがいご存知で、あれこれ教わっています。

特にシダ植物については県内随一といっていいでしょう。
広島大学が放さないほどですから。

このシダ植物というのがやっかいで、非常に良く似た種類が多く、おまけに動物と
違って野外でも雑種がやたらと多いとのこと。

こうなると外見だけで区別することが難しく、見分け方のカギが胞子の形態だ
そうです。

専門書や学術論文には電子顕微鏡で撮った胞子の写真が並んでいますが、これは
個人では無理です。

そこで、わたしが提案したのが深度合成写真。

先日行ったときにそのソフトをMM氏のパソコンにインストールしました。

昨日、実際に使ってみようということで再度おじゃまし、実演と相成りました。

すぐにマスターされました。

おそらく、このいまの瞬間も、どんどん写真を生産されていることでしょう。

あいにくその画像は手元にないので載せられませんが、その時の雰囲気が
これらの機器の写真でおわかりになるかもしれません。


sizeretouchIMG_2352.jpg


左手の双眼実体顕微鏡は、木製の台の上に浮いているように見えますが、
左奥の方から金属製のフレキシブルアームで支えられています。
もちろん、自作です。

右手の光学顕微鏡の台座の部分には、対物レンズのケースがネジ止めされて
おり、転がったり無くしたりしないように工夫されています。
可愛いですね。

あれやこれや自作の便利グッズがいっぱいの、楽しい楽しい書斎です。

仕事の効率を高め、生産性を上げる工夫をとおしてクオリティの高い生活を
送ることを英語でライフハックといいますが、まさにライフハックの達人です。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR