トマトの水栽培

小学4年の女子が、トマトの水耕栽培に挑戦します。

先週、スポンジに切れ目を入れてその中に種を蒔きました。
数日の発芽のようすです。


sizeretouchIMG_2318.jpg


これが、今日はすでに2cmほどになっています。


普通に土に移植するのと、発泡スチロールの箱で水栽培するのとを準備し、
両者の育ちを比較しようという目論見です。

その準備のための買い物におつきあいしました。


ヒアシンスなどの水栽培は教科書などにも載っていますので、ご存知の方が
多いとおもいます。

トマトの水栽培も知る人ぞ知る、うまくいけばひと株から数千個の実を得ることが
出来るほどの実績があります。

土に植えないことで、根を自由に伸ばすことができ、また根に酸素と肥料が十分に
供給され、さらに土の中にひそむウィルスや線虫などの害を受けないなど、
いいことづくめで、その結果すくすくと育ち、たくさんの実を収穫出来るという
寸法です。

はたしてうまくいくのか、肥料の割合はどの程度がいいのか、酸素の供給は
どうしたらいいのか、などなど、親子で挑戦します。

もちろん、土に植えたトマトとの比較もやってもらいます。

いやー、楽しみですねえ。

今日は、その出発の記念すべき日となりました。

今後、時々その経過を聞いて、ここに報告したいとおもっています。

どうぞお楽しみに。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR