ひび割れの研究

女子中学生がひび割れの研究をしています。

田んぼや干潟のひび割れがどうしてできるのか、できるときの
法則性があるのかないのか、あれこれ調べています。

なかなか思うような結果が出ず、悩ましいところです。

そのヒントになるような写真を何年か前に撮っていましたので、それを
載せておきます。


これは、スクーターでドライブ中にみつけたある浄水場での画像です。


sizeretouchR0011373.jpg


sizeretouchR0011379.jpg


sizeretouchR0011368.jpg

なんと、きれいにひび割れが入っていることか。

浄水場では、まず川の水を取り込み、その水にポリ塩化アルミニウムを加え、
浮游しているよけいな物をくっつけて沈殿させます。

その後、殺菌して水道水として市民に供給するわけです。

その沈殿物は、汚泥としてプールに溜め、天日干しされて産業廃棄物
として処理されます。

できるだけ乾燥させた方が料金が安くなりますので、浄水場では大きな
プールをたくさんつくっていて、ここに汚泥を流し込んで乾燥させます。

その汚泥がきれいなひび割れをみせてくれました。

これも、研究のヒントになりますね。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR