田に最初に出てくるカイミジンコ

田に水が入ると最初に出てくるのがこのカイミジンコ。
カイムシとも言われます。

二枚貝のように2枚の殻に包まれ、しかも殻のてっぺんに
ちょうつがいがあって開閉できることでも二枚貝とそっくりです。

しかし殻をはずし中をよく見ると、節のある脚や触角があり、
れっきとした甲殻類だとわかります。


田の中でエサがあると、たくさんの個体が群がってついばんでいます。
ハイエナを思い出しますね。

でも、形や色はきれいな生きもので、泳ぎ方も優雅です。


sizeretouchDSC_1198.jpg


このカイミジンコには多くの種類があり、分類は素人ではまず困難です。
ここらへんの田に、どういう名前のカイミジンコがいるのか、いったい
何種類のカイミジンコがいるのか、まったくわかりません。
そもそも、和名がすべてについているかどうかもあやしいですね。

したがって、今日の写真は、総称名としてのカイミジンコということで
ご勘弁ください。


海にもこの仲間がたくさんいて、そのうちのひとつに有名なウミホタルが
挙げられます。

ウミホタルの画像はこちらをご覧ください。

ここをクリックすると出てきます。




にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR