ダフニア ピュレックスの耐性卵

ミジンコづいています。

ミジンコ類は、ふだんはメスだけの生活です。
メスが卵を産んでまたメスが現れるという繰り返しをしています。
これを難しい言葉で「単為生殖」といいます。

ところが環境の状態が悪化したり、寒くなったりすると雄が出現し、
「両性生殖」をして乾燥に耐える耐性卵を産むことが知られています。
休眠卵とも呼ばれます。


たまたまミジンコ(ダフニア ピュレックスという「ミジンコ」の和名をもった種)の
水槽をのぞいてみると、1個体だけが耐性卵をもっていました。

水替えが必要なのかも知れません。


sizeretouchDSC_1216.jpg


背中に背負っているようにみえる大きなのが耐性卵のさやです。

白いさやは、もう少ししたら成熟してやや黒っぽくなるはずです。
中に卵が2個見えますね。

動きを止めるためにストロボを焚いて撮っていますので、お腹の辺りに
白い反射が見えていますが、これは模様ではありません。


今日は、水替えをしようとおもいます。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR