刺身のトレーにも気配りあり

最近の刺身のトレーには、立体構造になっているものもけっこう
あるようです。

単なる容器ではなく、盛りつけを意識し、そのままでも出せるように
工夫されています。

こんなとき、「おお、日本人だなあ」とおもったりします。

写真はちょっとわかりにくいのですが、奥の方が高く、手前が低くなって
います。


sizeIMG_2808.jpg


これだけでも感動なのですが、なんとよく見たらこのトレーの中央に文字が
入っているではありませんか。


size600retouchIMG_2809.jpg


「手まえ」と読めます。

これは、魚を調理した人がこのトレーに刺身を置く時に、立体的な盛りつけを
意識するようにとの案内なのでしょうか。

ここまでのこだわりを食品に求めるのは、他の国にはあまり
ないのではないでしょうか。


ついでに、天ぷらのおつゆの入ったビニル袋にも工夫がありました。


size600retouchIMG_2810.jpg


ちょっと切れ目が入っているしょう油のパックはよく見かけますが、
このようにどこからでも切れますよというのはさらに1ランク上の
工夫であり、それなりの加工技術が必要だとおもいます。


食事を大切にし、見た目にも美しく、また使い勝手も考えた工夫に
日本人の気配りの文化をおもうのです。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。


スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR