さらにヒドラの話

昨日の続きです。

ヒドラにはもちろん雌雄があり、卵と精巣が見える時があります。
これが見えないと、外見で雌雄を区別することはまずできません。

雌雄で子孫を残すことを有性生殖といいます。

いっぽう、彼らは、お腹?の一部に芽が生え、これがふくらんで
幼個体が生じ、これが母体と切り離されて1個体になる、いわゆる
無性生殖も行っています。

ヒドラのような場合を、出芽法といいます。

下の写真で、左と右の個体の体から小さな芽が出ているのが
おわかりでしょうか。

これが次世代になります。



sizeretouchDSC_1584.jpg


体長2ミリメートルほどとサイズは小さいのですが、動物を捕らえて
丸呑みする、けっこう獰猛な肉食獣、いや肉食微生物です。

ヒドラがミジンコを食べるようすの動画はこちらをごらんください。
2分ほどと長いのですが、ちょっとびっくりします。






にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR