コピースタンド

昆虫などの小さな生きものたちを野外で撮るとき、ふつうは手持ち撮影です。
基本的にはカメラ、レンズがあればOKで、それに接写リングを使うことが
多いです。

室内で撮るときには手持ちの場合もありますが、多くの場合三脚を使います。
絞りはしっかり絞りたいのに光の量が足らないので速いシャッターが切れない
ことが多いからです。

標本などの固定された被写体や動きの少ない生きものを撮るのに便利の
いいのがコピースタンドです。

この場合は、照明としてLEDのテーブルライトを使うことが多いですね。
明るい上に熱が余り出ないから長時間点けっぱなしにできますから。

もちろんストロボも使います。


先日のミズムシの撮影の場合、こんなセットで撮りました。



sizeretouchIMG_2837.jpg

① レフ板
  アルミホイルをしわくちゃにして厚紙に貼りつけたもの。

② LEDのミニテーブルライト 

③ 絞りのレリーズ
  レンズの絞りを開いたままピントを合わせ、シャッターを切る瞬間に
 このレリーズによって絞りをしぼる。

④ シャッターレリーズ
  シャッターを指で直接押すとカメラが揺れるため、電子レリーズを使う。

⑤ エレベーター
  カメラと被写体の距離を調整するためのもの。カメラを上下させる微動装置が
 ついていないため、被写体の方を上下させることにしている。

⑥ 28mmレンズ
  接写リングを介して、このレンズはカメラに逆向きについている。
 こうした方が解像力がよく、レンズの先と被写体との距離を十分取ることができる。
  カメラとこのレンズの間には接写リングがはめられている。

⑦ テーブルライト用クリップ台
  クリップ付きのテーブルライトを楽に取り付けるための角材。

⑧ トレシングペーパー
  照明の光を被写体全体に回すためにシャーレの周囲に立てかける紙。


1枚の写真を撮るために、けっこうそれなりに道具を準備し、工夫しているんです。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR