緑鮮やかなホウネンエビ

先日ホウネンエビをお見せしました。

あの個体も少し緑色をおびていましたが、今日登場するのは
かなり濃い緑色の個体群です。

緑の個体が群れているところには透明の個体はおらず、
逆に透明の個体がたくさんいるところに緑の個体がちらほら
いるってこともありません。

どうやらその場のエサに関係しているのではないかということです。

イーストを食べさせると体が透明になり、緑藻などを食べていると
緑色になるようです。

しかし、緑色の個体は腸の部分が緑色になっているのではなく、
体全体、特にエラの部分がしっかり緑に染まっているので、どうやら
単純にエサの影響だけとも言い切れないとおもいます。

いずれにせよ、緑色の個体はけっこうきれいですので、また撮っておきました。



sizeretouchDSC_2231.jpg


コップに入れて机においたら、けっこう涼しげでいいかもしれません。

エサは、グリーンウォーターを与えています。
これは、メダカの水槽で増やした植物プランクトンで、おもに単細胞の緑藻です。

エアレーションせずに、明るい窓辺でメダカを育てていますので、メダカの
フンが栄養となって植物プランクトンが増え、水がきれいな緑色に
なっているので、稚魚を養う人たちは、グリーンウォーターと呼んでいます。


田に水が入って一週間以上たったところがホウネンエビの出現が期待できます。
周辺に、そんな田んぼがあれば、出かけてみて下さい。

廿日市、五日市では、この数日で田に水が入りましたので、もう少し待った
方がいいかもしれません。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR