ヒメカイエビの一種

広島市東区、佐伯区、廿日市市で同じ種類とおもわれるヒメカイエビの仲間を
見つけました。

種名はわかりません。

しかし、目の上のおでこの部分に丸い突起がきわめて特徴的ですので、
そのうちはっきりするとおもいます。

いま、大学のある方に、種名をお聞きしています。

体長約3~4mmほどの小さなもので、田んぼの濁った水の中で元気よく
泳いでいます。

ミジンコよりも一回りも二回りも大きいので、すぐに気付きました。


透過光で撮った写真はこれです。
頭の突起ははっきりしませんね。


sisetrimretouchDSC_2059.jpg



落射照明で撮るとこんな感じ。


sizetrimretouchDSC_2062.jpg


頭の突起がよくわかるとおもいます。


2枚とも同じ個体です。

実は撮影のセット中に暴れまくっており、その間に腸の背側に抱えていた
たくさんの卵を放出してしまいました。

2枚の写真は、卵を放出したばかりの状況です。

2枚目の写真をよく見ると、もう次の卵を準備しているようにも見えますね。


このヒメカイエビの一種が、いったいどういう種名なのか、どういうことで
広島市の辺縁部に点々といるのか、外来種なのか在来種なのか、
いろいろ知りたいことがありますが、わたしのレベルでは、まだヒメカイエビの
一種ということしかわかりません。


大学の方に、写真と生きた個体をお送りしていますので、ひょっとしたら
お返事があるかもしれません。

気長に待っていますが、もしお返事があれば、お伝えしましょう。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR