ハクセンシオマネキにも吸水毛があった

一昨日の記事で、スナガニの歩脚のつけ根に毛の束があり、
これは吸水のために役立っているのではないかという仮説を立て、
実際に色水を吸わせてみました。

「吸水毛」は、わたしの造語です。


その結果、予想どおり、水が体腔内に吸い上げられ、口から
にじみ出てきました。

同じスナガニ科のハクセンシオマネキではどうだろうと、さっそく
観察してみました。

結論から先に言えば、スナガニと同じ位置、つまり第2歩脚と第3歩脚の間に
ちゃんとありました。



背後から見たところです。

体が普通の状態の時、この毛は最下部に位置しています。


lettersizeretouchDSC_2435.jpg


これは横から見たところ。

lettersizeretouchDSC_2436.jpg

横から見ても、この毛が真下に位置し、水分を吸収するのに適して
いることがわかります。


これから、文献を探しますが、スナガニ類の解剖図がほとんどないので、
見つからないかも知れませんねえ。

種名を確定するときに書かれるいわゆる種の記載論文を探してそれを
じっくり見ればいいのでしょうが、スナガニは Ortmannという学者に
よって1897年に、ハクセンシオマネキは De Haanという学者によって
1835年にそれぞれ記載されています。

はたしてたどり着けるかどうか。

こんな時に広島に博物館があれば、相談に乗ってもらえるのですが。

まあ、気長に探してみます。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR