トリウミアカイソモドキをまた見つけた

先日見つけたトリウミアカイソモドキが、広島県で初記録ではないかと
書きました。

その後文献をあさってもやはり出てきませんので、かなりそれは確かな
ことではないかということになります。


その後、再調査は試みてはいませんが、なんとなんと、先日発見した個体を
飼育中の砂の上に、ひょこんともう1匹が現れました。

現地の砂を茶碗1杯ほどその時に持ち帰っていたところ、その中に紛れ込んで
いたのです。

いやーびっくり。

これで2個体目ということになります。


これが昨日砂の上にいた個体。


sizeretouchDSC_3090.jpg



これが最初に見つけた個体です。
ちょっと小さくしておきます。

size500retouchDSC_2864.jpg


現地では、最初に生きた個体を見つけたポイントと砂を採ったところは
1メートルも離れていません。
できるだけ生息地と同じ環境を保とうと近場の砂を採取しましたから。

しかも採った砂はごくわずか。

どうやら、丹念にさがせばそこかしこにいそうな気がしてきました。

いままで見つからなかったのは、まず一つには小さいこと、それに
私たちの生活にまったく役にも立たないし毒にもならないってことでしょうね。


2個体はいずれもメスです。

見比べてみると、甲の模様や色彩には大きな違いが見られます。

これを個体変異といいます。

ところが脚のまだら模様は同じです。

これがこの種の特徴ということになりますね。

生きものは、このように個体によって大きなばらつきが現れますが、
種の共通の特徴をしっかり押さえておければその個体変異に
紛らわされることはないでしょう。


そんなことを学ぶのに、大変にいいサンプルですね。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR