久しぶりに見たカナブン

日射しの強い一日でした。


アリジゴクをさがそうと、ちょいとチャリンコをこいで近くの公園に
出かけましたが、あいにくアリジゴクにとって適した環境がなく、
見つかりませんでした。

理想的には、建物の大きな屋根のひさしが伸びていて、その下に
目の細かい砂が敷き詰めてあり、周囲にはアリがいるところって
ことになります。

砂が乾燥しているのがミソで、昔は神社のやしろの軒下に行けば
たくさん見られたのですが、ほとんどセメントで固めてあります。

親のウスバカゲロウも、おそらく産卵する場所をさがしあぐねて
いるのではないでしょうかねえ。


アリジゴクはあきらめ、ふらふらしていると、ナラの木でカナブンが
必死で樹液を吸っているのに遭遇。

けっこう人通りがあるのに誰も気付いていません。

1本の木の周囲にざっと20頭。

ただし、なぜかカブトムシやクワガタムシは見られませんでした。
なにしろ、広島市内のほぼ中心部で、森や林からかなり離れて
いましたので。


sizetrimmarkretouchIMG_3204.jpg


sizeretouchIMG_3216.jpg


それにしても、きれいにそろってカナブンだけって不思議だと
おもいませんか。

このナラの木けっこう樹皮が厚く、樹液をなめようとすると、樹皮の
割れ目に頭を突っ込んで鼻先を思い切り伸ばさないと届かないことに
気付きました。

カブトムシやクワガタムシは顔が平べったいので、樹液にまで口が
届かないからいないのではないでしょうか。

そこらへんは、まだ謎のままです。

また暇があればのぞいてみようかとおもいます。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR