大発見、ハクセンシオマネキの吸水毛

中学生たちと、干潟のカニについて観察しています。

先日、カクベンケイガニの脚の付け根にある毛の束を
顕微鏡で見たところ、羽状の毛で構成されていることが
わかり、いままで見たことも聞いたことがなかったので、「大発見」との
タイトルで載せました。

この毛を地面の湿った土に付けて(あるいは差し込んで?)水分を吸収し、
体内の鰓をうるおして呼吸に役立てているのではないかという
仮説をもっています。


今回は、ハクセンシオマネキです。

カクベンケイのように脚の付け根に毛の束があり、この毛を顕微鏡で
見たところ、まったく違う形であることが判明。

またまた「大発見」のフレーズをつかわせてもらいました。


sizeretouchDSC_4082_20170811005008b73.jpg


sizeretouchDSC_4077.jpg



これです。

なんと、1本1本にくびれがあり、それが束になっていたのです。


いずれにしても、毛のすき間に細かい空間をたくさんつくり、毛細管現象で
水を吸い上げるのに適した形態ですね。


おもしろくなってきました。
こうなると、コメツキガニ、スナガニがどんな吸水毛をもっているのか
気になるところですね。

どうぞおたのしみに。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR