FC2ブログ

ウミホタルの光におもう

チラシなどで公募した見ず知らずのメンバーが、日ごろはほとんどだれも寄り付かない
聞いたこともない浜が集合場所に指定され、事務局から半ば強制されたトラップを作らされ、
中に入れるエサも自ら調達しなければならないという面倒くさい企画に、なんと
約100名がおいでになりました。


これだけでも奇跡ですね。
ほんとうに事務局としてはうれしくおもっています。

参加者の皆さんは共通して、自然や生物の営みを肌で体験したいという思いで
おそらく、いやがるお父さんお母さん(子どもら)を口説き、子どもら(両親)の意欲を高め、
仕事(宿題)を事前にすませ、参加なさったとおもいます。


子か親かのどちらがリードしたかは別として、結果的に家族で参加に至ったことに対し、
心から敬意を表したいとおもいます。


いつも言うように、自然やそこにすむ生物は、最も優れた教師です。

その教師たちに触れた経験があるかないかで、その子の人生が左右されます。
これ、本当です。


子どもたちに、本当の先生、質の高い先生に出会ってもらうために、私たち事務局は
裏方を買って出ているのです。


きっと、夜の浜辺で見つめ青白い光は一生忘れないでしょうし、お腹に卵をかかえた
アカテガニが波打ち際で体を懸命にゆすって放仔した姿も目に焼き付いていることで
しょう。


関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR