FC2ブログ

モクズガニの解剖

中学生が、先日もらってきたモクズガニの解剖を始めました。

まずは外部形態から観察します。


カニは背中から見ると単純な形ですが、腹面を見ると、特に口のあたりが
極めて複雑です。

この口とエラが密接にかかわっていますので、大きなカニが材料として
手に入ったからには、しっかりと観察します。



memosizeretouchP2170013.jpg


頭部の先端には、両方の目(複眼)をはさんで、触角が2対あります。


下の方に下がると口が見え、顎脚が3対あります。

これは、内側から第一、第二、第三顎脚と呼ばれています。

最も外側の第三顎脚を上手に使って食べ物を加え、口の中に運びます。


これらの顎脚にエラがくっついていますから、いよいよ複雑怪奇です。


また、機会があったら、そのエラと顎脚の関係を写真で示したいとおもいます。


関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR