FC2ブログ

水中ろうそく

いえいえ、水中でろうそくは燃えません。

ただ、水中で燃えているように見えるので、こんな名前をつけました。


ろうそくを水の中に立て、火をつけます。

時間とともにろうそくは短くなり、やがて先端が水面ぎりぎりになります。

すぐに芯が水に触れて火は消えてしまうかと思いきや、そうかんたんには
消えないのです。


火はやがて水中にまで潜り込んでいくようにみえます。

こんなイメージです。



水中ろうそく


実際にはこんな感じです。


sizeretouchP2200009.jpg


sizeretouchP2200008.jpg


これは、ろうそくのろうが水に冷やされて壁を作り、しばらくは火が
ついたまま中央部分だけが短くなっていくのです。


水面ぎりぎりまでろうそくの先端が来てから、あと何分で消えるかを予想して
もらったところ、1分とか30秒とか子どもたちは言っていましたが、なんと
20分近く消えなかったのもありました。


消えるのは今か今かと見つめていてもなかなか消えず、しだいにその
ロマンチックな灯りに対し、頑張れ、頑張れと声援していたのでした。


関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR