結晶の偏光顕微鏡写真に小学生が挑戦

先日、壁に飾ってある偏光顕微鏡で撮った結晶の写真を見た小学生の
女の子が、

「これ、どうして撮ったん?」

「これは、おばあちゃんのかぜ薬をちょっと改造した顕微鏡で撮ったんだよ。」

「うちにも撮れる?」

「撮れるよ。」

「撮りたい。」

「よっしゃ。」

で、先週、みんなで顕微鏡の使い方の練習をしました。

例によって、「ウォーリーをさがせ」のプレパラートを使ってあっという間に
顕微鏡の使い方を習熟しました。

なにしろ、一人一台ありますから。


そして今日、いよいよ薬品の結晶を偏光顕微鏡で観察しようという段取りです。

まずプレパラートをつくります。

薬品を水に溶いてスライドグラスに点々と置き、自然乾燥させます。
この時、できるだけ薄く置いた方が早く乾燥します。


乾燥させている間にそれぞれ各自の顕微鏡を偏光顕微鏡に改造します。
この改造をしないと結晶にきらびやかな色が付かないのです。


まず事前に、あらかじめ丸く切っておいた偏光シートを子どもたちに渡し、
接眼レンズのネジを開けて中の棚に収めてもらいます。

次に同様に少し大きめに丸く切った偏光シートを顕微鏡のミラーにセロテープで
仮止めします。

これで顕微鏡のステージにプレパラートを置くと、プレパラートは2枚の偏光シートに
挟まれることになります。


長年つきあってきた上級クラスですから、指示されたとおり、手際よく
作っていきます。



さあ、見てみよう。

「先生、やばい!」

「これ、やばい!」

「やばい、やばい!」

わたしはいったい何が起こったのかわからなかったのですが、
予想外の事が起こり、感動したときに、いまどきの子どもたちは、
「やばい!」というのですね。


これは男子、女子関係なく叫んでいました。
テレビの影響でしょうか。


そのやばい写真を載せておきましょう。

上はクエン酸です。
下はナフトールです。



sizeretouchDSC_2845.jpg


sizeretouchDSC_2852.jpg


自分の顕微鏡の視野に、突如現れたカラフルな虹に、びっくりたまげたのでしょう。

たった2枚の偏光シートで挟まれただけのプレパラートが、なぜこんなに
きらびやかな色が出るのでしょうか。

簡単に言えば、1枚目の偏光シートで整えられた光がそれに直交する2枚目の
偏光シートで閉ざされますので視野はまっ暗になるはずですが、
1枚目を通過した光が結晶の中を通るときにいろいろな方向に曲げられ、
特定の波長の波がの一部が2枚目を通過できたからです。


大変に難しいのですが、今日は家に帰って、一生懸命に自分のボキャブラリーを
総動員して話しているとおもいます。

ただ、どんな画像か見られたのかは家族にはわかりませんから、なかなか
理解してもらえないでしょうねえ。


今日は、それぞれの作った結晶を写真に撮りましたので、次回に写真にして
渡します。

これで、もういちど、感動をもって家族に話ができるはずです。

さすがに、次回、「やばい」とは言ってもらえないとはおもいますが。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

第4回観察会のご案内

第3回観察会(新己斐橋下流)がまだこれから(6月25日)というのに、
その次の第4回観察会のご案内です。

昨年の一番人気だったウミホタル採集とアカテガニのお産の観察。
広島ホームテレビで取り上げてもらい、反響がありました。

また今年もやろうということで、計画を立てました。


詳しくは、「広島干潟生物研究会」に要項を掲載しますので、そちらを
ご覧になってからお申し込みください。

混乱をさけるため、6月25日の第3回観察会が終わってから、掲載します。



日時:7月23日(日)19:00集合21:00解散

場所:江田島市荒代(あらじろ)海岸

帰りは切串吹越桟橋発21:40、天応の呉ポートピア港着21:52の
臨時貸切フェリーを手配します。

場所は、こちら。

江田島マップ


昨年、ウミホタルが採れた瞬間の動画がありましたので、載せておきます。


[広告] VPS



感動のようすが伝わりますね。

どうぞ、おいでください。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。


ホウネンエビとカブトエビの放映

各地の田んぼでカブトガニやホウネンエビが出てきている
はずです。

そのタイミングに合わせて、前撮りした動画が今日放映され
たようです。

広島ホームテレビのJステーションの中の「地球派宣言」。

わたしはまだ見ていませんが。



田んぼの持ち主の方も意外にご存じないようで、オタマジャクシや
エビと間違えていらっしゃるようです。

こうして、テレビの力を借りて、地元の方が地元の自然や生きものに
気付いていただき、興味をもってくださり、愛着をもって守り育てて
下さることに貢献できるはずですから、ささやかながら協力して
います。

今日放映された3分半ほどの映像にも、わたしのこれまでの
ブログで紹介した写真も使われたようです。


いやだ、いやだというのに、わたしも映っていたようです。


放映


渡辺アナウンサーとのからみの場面です。
このショットは、事前の打ち合わせのやりとりの動画から採らせて
いただきました。

厳密には著作権にひっかかるとおもいますが、まあ、わたしも
何点か写真や動画を提供しましたので、許してもらえるとおもいます。


ある保護者から、

「娘と一緒に見ました。娘が笑っていました。」

そうでしょうね。
いつもと違う雰囲気を感じたのでしょうかねえ。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

科学研究相談まっさかり

夏休みの科学研究の相談を内輪で受けています。

もう10組以上おいでになりました。

今日も4組。

1組あたり短くて1時間、長い場合は2時間ほどかかります。



今日の最後は小2の女の子と両親、それに付き添いの幼児。

最初はダンゴムシの行動研究をやろうということですでに
道具も用意されていたようでしたが、以前の相談でキラキラ系が
大好きと聞いていたことをつい先日ふと思い出し、結晶の偏光
顕微鏡写真について、こんなのもありますよとお母さんにメール
をしたのでした。


早速聞きにおいでになりました。


やり方は簡単です。

薬や泥などを水で溶かし、スライドグラスの上で乾燥させ、出てきた結晶を
顕微鏡で見ます。

この時、サンプルと光源の間に1枚、サンプルと自分の目の間に1枚、
それぞれ偏光シートを置くのがポイントですね。


とり急ぎやって見せたところ、なかなかのお気に入りのようです。

今日、やってみた写真は、これです。


まずは、干潟の砂粒がこれ。


sizeretouchDSC_2653.jpg


次に、以前作ったかぜ薬のサンプルがこれです。


sizeretouchDSC_2827.jpg


お母さんも意欲的で、エジプトの砂が少しありますとか、お父さんも
乗ってこられ、鳥取砂丘の砂もあったよなあなんて会話がはずみます。

しめたものですね。

とかく小さい子の教育はお母さんだけがかかわるのが風習のように
なっていますが、お父さんが科学研究をきっかけにその社会体験を生かして
かかわっていただくことは大いに有効で、今日もお父さんが尊敬される
場面がたくさんありました。

また、家族全員の共通の話題になりますよね。

ご飯を食べながら、子どもの研究をあれこれ家族で談義するなんて、
なんて理想的なことか。


楽しみながら、いい研究が仕上がるとおもいます。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

ホウネンエビの幼生の動画

昨日、ホウネンエビの幼生の動画を撮り、編集したのですが、
なぜか保存作業が途中で止まってしまい、当然のことながら
ブログにアップできませんでした。

今朝、再挑戦。
動画を変え、音も変え、あれこれ試した結果、やはり同様でした。

そこで、結局パソコンを変えてもう一度最初からやり直しました。

なんとか保存でき、悪戦苦闘のすえ、ようやくお見せ出来るまでに
なりました。


この1分のために、いったい何時間費やしたことか。



[広告] VPS




いまもわたしのシャーレの中で、すくすくと育っています。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

ホウネンエビのふ化

今年生まれたホウネンエビを飼育していたところ、けっこう大きくなって
たくさんの卵を産みました。

これが10日ほど前の話。

この容器に水を張ったまま置いていたところ、なんとふ化し始めました。
いま幼生がそれこそウジャウジャと泳ぎ回っています。

動画をアップしようとしていますが、保存が途中で止まってしまい、
今日は無理のようです。

何度も挑戦していますが難しく、あす、再度挑戦してみます。

あしからず。

≪PREV | | NEXT≫

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR