第2回 広島ジュニアサイエンスフェアのご案内 2

要項ができました。

お届けします。


実施要項


口頭発表の予定の8件は、いずれも模範的な科学研究であり、
来年度研究に挑戦しようとされている方にとっては、大変に参考になる
はずです。

小・中の先生方にもぜひおいでいただきたいものです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

HDR

ハイダイナミックレンジの略称です。

明暗の差が大きい被写体を撮影したとき、白い部分が白トビしたり、
黒い部分が黒つぶれしたりしたことはありませんか。

複数枚撮影した画像を重ね合わせて白トビ、黒つぶれを救うのにHDRが
用いられます。

いまでは、コンパクトデジカメやスマホにこの機能が内蔵されている
場合もあり、しらないうちに使っていたりします。


今回は、いわば色調のお遊びに使ってみました。
色調、明度、輝度などを調整できるわけですから、カラフルな写真が
おもしろく変身します。

赤、青、黄、緑が含まれている写真を探すのに苦労しましたが、ちょうど
いいのがありました。


まず、普通に撮ったように見える1枚を挙げておきましょう。
とはいっても、これもHDR処理しています。


sizerothdrphotoDSC_5043_4_5_tonemapped.jpg




次に、絵画風の2枚です。


sizerothdrart2DSC_5043_4_5_tonemapped.jpg


sizerothdrart4DSC_5043_4_5_tonemapped.jpg



これは、やや薄汚れた感じにしています。
グランジといいます。


sizerothdrgranji2DSC_5043_4_5_tonemapped.jpg



これは、モノトーンですね。

たんなる白黒写真とちょっと雰囲気が違うことにお気づきでしょう。


sizerothdr1monocromeDSC_5043_4_5_tonemapped.jpg


こんなお遊びも、たまにはいいのではないでしょうか。

ただし、三脚を固定して、露出をそれぞれ変えて2枚から3枚撮る必要が
ありますので、念のため。

スマホやデジカメでは、自動で2,3枚撮っているようですね。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

第2回 広島ジュニアサイエンスフェアのご案内 

広島干潟生物研究会が母体となった「ジュニアサイエンスフェア実行委員会」が
昨年度に引き続いて、第2回のフェアを行うことになりました。


長い名前ですので、言いにくく、何かいい簡略名はないかと考えました。

英語では、The 2nd Junior Sciense Fair in Hiroshima ですから、今後は

2nd JuSFa (セカンド・ジャスファ)としたいとおもいます。


日時:平成30年(2018年) 1月6日(土)  13:00~17:00


場所:広島市青少年センター ホール、各室


主催:広島ジュニアサイエンスフェア実行委員会
    (委員長 鳥越兼治 広大名誉教授)

    広島・地域から「体験の風をおこそう」運動推進実行委員会
    (委員長 坪内孝治 江田島青少年交流の家所長)


内容:科学研究発表(ハイレベルの研究を、口頭やポスターで発表してもらいます。)
    実験/体験コーナー(楽しい実験や体験が満載です。)
    科学写真展、撮影実演(いま、広島市中央公民館で展示中の写真展を
       ごっそり入れ替えて、新規撮影の数々をお見せします。)
    科学研究相談会(来年度の自由研究のヒントがたくさんもらえます。)
    教材生物の配布(自由研究に使える教材を無料でもらえます。)
    などなど。


まだ、フレームしか決まっていません。
詳細な案内は追ってこのブログでも行いますので、お楽しみに。

とにかく、来年1月6日は、セカンドジャスファの日と覚えておいて下さいね。


神田の古本屋街

上京すると、たいがい神田の古本屋街に脚を運びます。

時間がないときは、東京駅にほど近い、八重洲ブックセンターです。


神田では、もちろん1回ですべてを回ることはできませんが、これまで
延べ数日は歩いていますので、ひととり端から端までざっと見てきたつもりです。

ところが、あっと驚く光景がありました。いままで気付きませんでしたね。


脇の通路に壁に寄り添うようにびっしりと本を並べているお店がありました。
夕方だったので、明かりが灯っています。


sizeretouchIMG_4055.jpg



さらには、通路に本があふれているお店もありました。
おそらく、本の入れ替えの最中だったとおもわれます。


sizeretouchIMG_4056.jpg


自分でこの棚から本を取り出し、玄関に回ってお店に入り、レジで
代金を払います。

だまって持って帰ろうとおもえば、いくらでもできそうな状況ですが、
みんなきちんと支払っているようです。


ほとんど日本でしかあり得ない光景ではないでしょうかね。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

シンポジウム

日本甲殻類学会の前に、日本貝類学会との共催でシンポジウムが
開かれました。

両方とも関心をもっている者としてはありがたい企画です。

シンポジウムというのは、その当時に話題になっているトピックスについて
代表的な研究者がそれぞれ解説し、それをもとに会場からの質問を受けたり
研究者どうして討論したりする企画です。


いまどきは、それぞれがパワーポイントで視覚的に表現してくれるので
聴衆にとっては、たいへんに助かりますね。


sizeretouchIMG_3931.jpg


今後も、おそらく類縁の動物郡学会同士のコラボによる
シンポジウムが各所で開かれていくことでしょう。

研究者としても、より広い視野を持つことが求められているのでしょうか。



ポスターセッション

ポスターセッションの様子を写真で示しておきましょう。


このように、自分たちが作ったポスターの前に立ち、立ち止まってくれた聴衆に
対して研究の内容をアピールするのです。

どんな質問が飛んでくるかドキドキですが、建設的なご意見もたくさんあり、
とてもありがたい場でもあるのです。


sizeretouchIMG_4003.jpg


中学生たちは、充実した時間を過ごしました。

≪PREV | | NEXT≫

プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR